足にシミができる原因は?種類ごとの対策や病気の可能性についても

足にできる可能性が高いシミの種類は、傷などによる肌の炎症の跡が残ってしまう炎症後色素沈着と、紫外線が主な原因となる老人性色素斑です。まれに、注意が必要な病変である可能性もあります。この記事では、足にできやすいシミの種類と原因、病気の可能性がある症状、足にできたシミの改善方法と予防対策を紹介します。

シミって足にもできるの?

足に手を添える女性
足は顔や腕に比べると、紫外線が当たる機会が少ないので、足にシミはできにくいと言えます。一般的に、シミの最も大きな原因とされているのは紫外線です。紫外線を浴びると、シミの元となるメラニン色素が過剰に生成されるのがその理由です。
しかし、足には紫外線が当たりにくいからと対策をおろそかにしていると、気づかぬうちにシミができてしまうことも珍しくありません。
紫外線以外にも、メラニンの生成を過剰にさせる原因はいくつかあり、できるシミの種類も異なります。ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

足にできるシミの種類と原因

足にできるシミとして一番多いのが足炎症後色素沈着。その次に多いのが老人性色素斑の2種類です。それぞれの詳しい原因と特徴を紹介します。

肌の炎症がきっかけとなる「炎症後色素沈着」

炎症後色素沈着のイメージ
足にシミができたとき、まず疑いたいのが炎症後色素沈着です。ケガやニキビ、やけど、かぶれなどで肌に炎症が起きると、メラニンが過剰に生成されます。炎症が治った後にメラニンが沈着し、そのまま茶色っぽく残ったシミを指します。患部をかきむしったり頻繁に触ったりすると、シミとして残りやすくなるので注意してください。
足によくあるトラブルとして、ダニなどの虫刺されによる炎症がきっかけとなることも。また足のムダ毛をカミソリで処理した際に起きやすい「カミソリ負け」も原因となり得ます。
なお炎症後色素沈着は、原因となった炎症が治った後に自然と薄くなりますが、足の場合は年単位でかかってしまうことが多いです。患部が紫外線を浴びると、悪化することがあるので気を付けましょう。

紫外線が大きな原因の「老人性色素斑」

老人性色素斑のイメージ
冒頭で説明した通り、老人性色素斑は紫外線が主な原因となる一般的なシミの種類です。足にできる可能性は顔ほど高くないものの、紫外線が当たる部位なら足を含め体のどこにでもできます。
特に足の甲や膝下など、日焼け止めを塗り忘れやすい露出部はできやすいと言えるでしょう。年齢を重ねるごとにできやすくなりますが、紫外線をよく浴びる人なら年齢問わずできます。
老人性色素斑は、始めは小さな円形の薄茶色のシミとして現れ、対策をしないと徐々に濃く大きくなる傾向があります。さらにそのまま放置すると、肌の盛り上がりを伴う脂漏性角化症(老人性イボ)に変化することがあるので、早めのケアが大事です。
もし今あるシミの見分けに悩んだら、こちらのシミ審断を活用してみてください。簡単な質問に答えるだけで、シミの種類と対処法が分かります。

あなたのシミを本気で治したいなら、3分でできるシミ審断を活用してみてください。

要注意!足の裏にできたシミは病気の可能性も

足の裏や爪にできた黒っぽいシミは、皮膚ガンのごく初期の病変である可能性があります。中年期までに発症するのはまれではあるものの、早期発見が重要な病変なので、念のため目を通してみてください。注意したい足のシミの症状や特徴について紹介します。

注意すべき足のシミとは

シミができた足の裏
シミやほくろと間違われやすい皮膚の病気が、悪性黒色腫(別名:メラノーマ)です。皮膚にできるガンの1つで、進行すると転移するので早期発見が重要となります。日本人の場合、特に手足などの末端部分に生じることが多いとされます。足の裏や手のひら、手足の指、爪などに、シミやほくろのようなものができたら特に注意を払ってください。

受診を検討した方が良い症状

黒くなった足の爪
以下の症状に当てはまったら、シミではなく悪性の腫瘍であることを疑った方が良いかもしれません。
【悪性腫瘍の特徴】
  • 形がいびつで左右非対称
  • 色むらがある
  • 短期間(おおよそ2年ほどの間)に大きくなり、6ミリを超える
  • 皮膚が硬いもしくは隆起している
  • 爪の場合:黒く変色し、表面が凸凹したり一部剥がれ落ちたりする
高齢の人ほど注意が必要ですが、異変を感じたら早めに皮膚科などを受診し、早期発見・早期治療に努めましょう。
足以外にも、体にたくさんできたシミについて知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

足のシミを消す方法はある?

シミの程度には個人差があるため、「確実に足のシミを消す」と言える方法はありません。しかし老人性色素斑と炎症後色素沈着は、セルフケアでも改善が期待できます。専門医の判断を仰ぎたい、早く薄くしたいという人は、皮膚科などで相談するのも良いでしょう。足のシミを薄くする方法を紹介します。

シミの改善に効果がある外用品を塗る

お風呂場で足にクリームを塗る女性
足にできやすい老人性色素斑と炎症後色素沈着は、オゾン化グリセリン(メラノキラー)のような、先進的な美容成分が含まれた化粧品によるセルフケアで改善が期待できます。
オゾン化グリセリン(メラノキラー)は、研究機関で行われたヒト臨床試験でシミの改善効果が確認された成分です。セルフケアには即効性はないものの、日々のケアで徐々に薄くできる可能性があるのがメリットです。
なお、一般的にシミに効くというイメージのある「美白有効成分」は、シミの予防を目的としたもので、改善効果は期待できません。化粧品を選ぶ際はチェックしてみてくださいね。

塗り薬を処方してもらう

塗り薬を指に取る人の手
シミをどう改善すべきか迷う場合、皮膚科などを受診すれば、自分の症状に合わせた塗り薬を処方してもらえます。皮膚科などでは、主にハイドロキノンがシミ治療薬としてよく処方されています。
【ハイドロキノンの効果】
ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほど高い美白効果があるとされる外用薬です。シミに対しては、メラニンを作り出すメラノサイトの働きを抑制し、メラニンの増加を抑える効果が期待できます。
【ハイドロキノン配合の化粧品もある】
ハイドロキノン配合の化粧品は、ドラッグストアやバラエティショップ、オンラインショップなどで購入可能です。しかし化粧品の場合、日本では安全性を考慮し、処方薬より配合濃度が低い2%以内と定められています。そのため処方薬と同じ効果は望めません
個人輸入代行サイトなどでは、海外製の高濃度のハイドロキノン化粧品が出品されているケースもありますが、炎症や白斑ができるなどの副作用のリスクが高まるので注意が必要です。また濃度は低くても、肌が弱い人には刺激・炎症を起こし、かえってシミが悪化するおそれもあります。
これらのデメリットを踏まえると、医療機関で処方してもらう方が安心と言えます。

レーザー治療を受ける

レーザー治療をする部屋
皮膚科などで行っているレーザー治療は、顔だけでなく足も治療できます。特にシミの症状が強い場合や、即効性を求める場合は、検討してみると良いかもしれません。
ただし、レーザー治療後にはかさぶたができることがあり、剥がれるまでに2週間ほどのダインタイムを要します。足は代謝が良くない部位なので、期間がさらに長くなる可能性もあります。

補助として飲み薬を取り入れる

サプリメントとフルーツ
上記の改善法や治療法と合わせて、補助的に飲み薬での治療を取り入れるのも良いでしょう。なかでもメラニンの生成を抑えたり、肌への沈着を防いだりする効果が期待できるビタミンCは、新たなシミを作らないための予防に役立ちます。
他にもシミに効くとされる市販薬はありますが、シミの種類に合っていないものを選んでしまうと効果は発揮されません。自分に合った薬を知るには、皮膚科などを受診して処方してもらうのがおすすめです。

【種類別】足のシミを予防するための対策

足は顔などに比べてシミができにくいとされていますが、シミのない肌を維持するには対策が必要です。足のシミの予防策を紹介します。

炎症後色素沈着:できる限り摩擦を減らし、肌を傷つけない

電気シェーバーでムダ毛の処理をする女性
足にシミを作らないようにするには、摩擦を減らし肌を傷つけないようにすることが第一です。例えばムダ毛を剃る時は、カミソリより肌への負担が少ない電気シェーバーを使って、力を入れずに剃るのがおすすめです。剃り終わったら、ボディクリームやミルクなどでしっかり保湿することも忘れないでくださいね。

老人性色素沈着:紫外線対策をする

ストッキングを履く女性
足の紫外線対策もシミを防ぐには重要です。外出時はなるべく足を出さないようにするか、UVカットのストッキングやレギンスなどで覆うようにすると良いでしょう。肌が出る部分には日焼け止めを塗って、2〜3時間ごとに塗り直すようにしてください。
手軽に塗り直せるスプレータイプやスティックタイプの日焼け止めなども登場しているので、いろいろ試してみるのがおすすめです。

足にできたシミは早めに見分けて自分に合った対策を

足を見て微笑む女性
足にできる可能性が高いシミには、セルフケアや皮膚科で治療を受けるなど、いくつかの改善方法があります。手軽に自宅でケアしたい、なるべく早く薄くしたいなど、目的によって選ぶと良いでしょう。またまれに病気が潜んでいることもあるので、念の為早めに見分けると安心です。
病院に行く前にセルフチェックしたいなら、こちらのシミ審断をぜひ活用してみてください。

あなたのシミを本気で治したいなら、3分でできるシミ審断を活用してみてください。

監修医師 コッツフォード良枝 先生 銀座禅クリニック医院長

監修医師 コッツフォード良枝 先生 銀座禅クリニック医院長

・所属学会
日本抗加齢学会/日本麻酔科学会/日本オーソモレキュラー医学会/国際オーソモレキュラー医学会/
国際抗老化再生医療学会/臨床水素研究会/日本東洋医学会正会員
・経歴
2007年山梨大学医学部卒業、その後国際医療センター国府台病院で初期研修。研修後は日本医科大学麻酔科に入局し勤務。
その後大手美容クリニック勤務ののち、一般皮膚科、美容皮膚科などの勤務、院長勤務などを経て現在はGINZA Zen禅クリニック院長。
人が持つ本来の美しさを引き出すことをモットーに、たくさんの患者の様々な皮膚と真剣に向き合う。

- 【 医療法人社団禅銀座禅クリニック】あなたの美のかかりつけ医に